蛇口の修理の前に

蛇口はあまり詳しくない人が多いため、ちょっと違和感があると故障と判断して
修理依頼をしてしまいます。そんなよくある勘違い例を紹介、解説しています。
自分で修理する方法も書いています。

蛇口が凍結する原因と対処方法

今年もまた冬がやってきます。
水道に関する仕事をしていると、必ず「凍結」による故障の修理に追われます。
お金になるので業者としては良いですが、
やはり壊れたら使う側としては大変なので、ここで凍結に関する話を書いていきます。

蛇口が凍結する原因



これも原因もなにもないですが、
蛇口の中にある水が凍ることが原因です。
小学生の頃に習った「水は凍ると体積が増える」という現象により、
蛇口が内側から膨らんで壊れます。

水が出るスパウトや、銅管がよく膨れるので、
「これは凍結だな」とわかります。
でも、外観では全くわからない場合もあります。

凍結は蛇口ごとの交換になることが多く、
痛い出費になることは間違いなしです。

蛇口の凍結の予防方法



蛇口には「一般地用」と「寒冷地用」というものがあり、
「寒冷地用」は蛇口の中の水が抜けるようになっています。
その分高かったり。
北海道は寒冷地用が標準です。
その他にも、冬に氷点下が当たり前のところは寒冷地用を取り付けます。

寒冷地用とは言っても、先ほど言った通り、
蛇口の中の水を抜くことができる構造になっているだけなので、
水を抜かないと凍結してしまいます。
抜き方としては、水抜き栓というものがあり、
水抜き栓を開けることで内部の水が抜けます。

では、一般地用の凍結予防はどうするのか?
についてですが、これはもう、絶えず水を流すしかありません。
流すと言っても、少しで大丈夫です。
ちょろちょろと一晩中流しておくと、まず凍結はしません。
混合水栓の場合は必ずハンドルを混合位置で出してください。

基本、水が凍るのは氷点下になった時なので、
最低気温が氷点下にならない限りは凍結予防をする必要はないでしょう。
時々寒波がやってきて、マイナス5℃などになる場合に凍結予防が必要です。
野外に設置してある蛇口は水を出しっぱなしにします。
屋内は氷点下にならないよう、窓をすべて閉めます。
そして氷点下になりやすい浴室などは水を出しっぱなしにしましょう。
ちょろちょろなら大した水道代にならないので、壊れることを考えると安いものです。

あとは保温材を管に巻くなど方法はありますが、
完全に防ぐことは無理ですし、蛇口本体は保温ができません。
やはり、水の出しっぱなしが安心です。
家中暖房ができるのならば、暖房でも良いですが、多分高いです。


以上、蛇口が凍結する原因と予防方法でした。
高い金額になるので、儲かる反面気が重い修理です。
できるだけ予防するようにしましょう。




蛇口が凍結する原因と対処方法

今年もまた冬がやってきます。
水道に関する仕事をしていると、必ず「凍結」による故障の修理に追われます。
お金になるので業者としては良いですが、
やはり壊れたら使う側としては大変なので、ここで凍結に関する話を書いていきます。

蛇口が凍結する原因



これも原因もなにもないですが、
蛇口の中にある水が凍ることが原因です。
小学生の頃に習った「水は凍ると体積が増える」という現象により、
蛇口が内側から膨らんで壊れます。

水が出るスパウトや、銅管がよく膨れるので、
「これは凍結だな」とわかります。
でも、外観では全くわからない場合もあります。

凍結は蛇口ごとの交換になることが多く、
痛い出費になることは間違いなしです。

蛇口の凍結の予防方法



蛇口には「一般地用」と「寒冷地用」というものがあり、
「寒冷地用」は蛇口の中の水が抜けるようになっています。
その分高かったり。
北海道は寒冷地用が標準です。
その他にも、冬に氷点下が当たり前のところは寒冷地用を取り付けます。

寒冷地用とは言っても、先ほど言った通り、
蛇口の中の水を抜くことができる構造になっているだけなので、
水を抜かないと凍結してしまいます。
抜き方としては、水抜き栓というものがあり、
水抜き栓を開けることで内部の水が抜けます。

では、一般地用の凍結予防はどうするのか?
についてですが、これはもう、絶えず水を流すしかありません。
流すと言っても、少しで大丈夫です。
ちょろちょろと一晩中流しておくと、まず凍結はしません。
混合水栓の場合は必ずハンドルを混合位置で出してください。

基本、水が凍るのは氷点下になった時なので、
最低気温が氷点下にならない限りは凍結予防をする必要はないでしょう。
時々寒波がやってきて、マイナス5℃などになる場合に凍結予防が必要です。
野外に設置してある蛇口は水を出しっぱなしにします。
屋内は氷点下にならないよう、窓をすべて閉めます。
そして氷点下になりやすい浴室などは水を出しっぱなしにしましょう。
ちょろちょろなら大した水道代にならないので、壊れることを考えると安いものです。

あとは保温材を管に巻くなど方法はありますが、
完全に防ぐことは無理ですし、蛇口本体は保温ができません。
やはり、水の出しっぱなしが安心です。
家中暖房ができるのならば、暖房でも良いですが、多分高いです。


以上、蛇口が凍結する原因と予防方法でした。
高い金額になるので、儲かる反面気が重い修理です。
できるだけ予防するようにしましょう。




スポンサード リンク



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。