蛇口の修理の前に

蛇口はあまり詳しくない人が多いため、ちょっと違和感があると故障と判断して
修理依頼をしてしまいます。そんなよくある勘違い例を紹介、解説しています。
自分で修理する方法も書いています。

洗面台の蛇口の修理方法について

洗面台の蛇口修理について書いていきます。
基本は洗面台だから特別ということもなく、台所の蛇口とほとんど同じです。
洗面台によく使われているのは、2ハンドル混合水栓と言って、ハンドルが二つあって、湯水を別々に出せるタイプのものですね。

もう一つが、シングルレバー混合水栓と言って、
一つのレバーで出し止めと、温度調節ができるタイプです。
台所ではシングルレバー混合水栓が主流です。

あとは、サーモ水栓です。
目盛りで40℃とか決められるタイプです。
洗面台ではあまり使われていませんが、あることはあります。
一番修理が難しいタイプですね。

洗面台の蛇口はどう修理するのが良いか?



2ハンドル混合水栓ならば、自分で修理することが可能です。
「水が止まらない」「ハンドルが固い」の症状であれば特に簡単でしょう。
当ブログでは文章のみなので教えることができませんが、
「2ハンドル混合栓 修理方法」なんかで検索すると、
修理方法を解説しているサイトが出てきます。
修理は簡単ですが、一番難しいのは部品の入手だったりします。
蛇口の品番がわかっている場合は、メーカーに聞くことができますが、
わからない場合は素人には至難の技かと思います。
メーカーがわかっている場合は、メーカーの相談室などに写真を送り、品番を教えてもらうこともできます。
メーカーすらわからない場合は、ホームセンターに部品を持っていって比べるなど、ちょっと難しいです。

いろいろ面倒なので、お金に余裕があれば修理業者に依頼するのが一番です。
修理業者はいろいろありますが、安心を求めるなら蛇口メーカーでの修理が一番安心です。
親しい水道工事店がいれば、そこに交換をお願いするのも良いでしょう。
蛇口メーカーではない修理専門の業者もいますが、やや高めなのが難点です。

2ハンドル混合水栓ならば自分で修理という選択肢もありますが、シングルレバー混合水栓やサーモ水栓は難しいので修理依頼をおすすめします。
シングルレバー混合水栓のバルブ交換程度ならば簡単ですが、
それでもスパナを使ったりと、いろいろ工具が必要ですので、素人には少し難しかったりします。
でも、できないことはないので、「シングルレバー混合栓 バルブ交換」などで検索すると修理方法は見つけましょう。
当ブログや、姉妹サイトの蛇口修理ガイドでも書いています。


以上、洗面台の蛇口の修理方法についてでした。
洗面台も安いのは安いので、20年以上使用していたら、洗面台ごとの交換をするのもおすすめです。
10万もあれば交換できるので、意外と良い買い物だったりします。




洗面台の蛇口の修理方法について

洗面台の蛇口修理について書いていきます。
基本は洗面台だから特別ということもなく、台所の蛇口とほとんど同じです。
洗面台によく使われているのは、2ハンドル混合水栓と言って、ハンドルが二つあって、湯水を別々に出せるタイプのものですね。

もう一つが、シングルレバー混合水栓と言って、
一つのレバーで出し止めと、温度調節ができるタイプです。
台所ではシングルレバー混合水栓が主流です。

あとは、サーモ水栓です。
目盛りで40℃とか決められるタイプです。
洗面台ではあまり使われていませんが、あることはあります。
一番修理が難しいタイプですね。

洗面台の蛇口はどう修理するのが良いか?



2ハンドル混合水栓ならば、自分で修理することが可能です。
「水が止まらない」「ハンドルが固い」の症状であれば特に簡単でしょう。
当ブログでは文章のみなので教えることができませんが、
「2ハンドル混合栓 修理方法」なんかで検索すると、
修理方法を解説しているサイトが出てきます。
修理は簡単ですが、一番難しいのは部品の入手だったりします。
蛇口の品番がわかっている場合は、メーカーに聞くことができますが、
わからない場合は素人には至難の技かと思います。
メーカーがわかっている場合は、メーカーの相談室などに写真を送り、品番を教えてもらうこともできます。
メーカーすらわからない場合は、ホームセンターに部品を持っていって比べるなど、ちょっと難しいです。

いろいろ面倒なので、お金に余裕があれば修理業者に依頼するのが一番です。
修理業者はいろいろありますが、安心を求めるなら蛇口メーカーでの修理が一番安心です。
親しい水道工事店がいれば、そこに交換をお願いするのも良いでしょう。
蛇口メーカーではない修理専門の業者もいますが、やや高めなのが難点です。

2ハンドル混合水栓ならば自分で修理という選択肢もありますが、シングルレバー混合水栓やサーモ水栓は難しいので修理依頼をおすすめします。
シングルレバー混合水栓のバルブ交換程度ならば簡単ですが、
それでもスパナを使ったりと、いろいろ工具が必要ですので、素人には少し難しかったりします。
でも、できないことはないので、「シングルレバー混合栓 バルブ交換」などで検索すると修理方法は見つけましょう。
当ブログや、姉妹サイトの蛇口修理ガイドでも書いています。


以上、洗面台の蛇口の修理方法についてでした。
洗面台も安いのは安いので、20年以上使用していたら、洗面台ごとの交換をするのもおすすめです。
10万もあれば交換できるので、意外と良い買い物だったりします。




スポンサード リンク



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。