蛇口の修理の前に

蛇口はあまり詳しくない人が多いため、ちょっと違和感があると故障と判断して
修理依頼をしてしまいます。そんなよくある勘違い例を紹介、解説しています。
自分で修理する方法も書いています。

蛇口の浄水器の種類とメリット、デメリットを解説

台所の蛇口に浄水器を付ける家庭が増えてきました。
蛇口の先端に付けるものから、
専用の蛇口を付けるもの、蛇口に内蔵してあるものなど、いろいろありますね。
今回はその蛇口の浄水器についてメリット、デメリットなどを解説していきます。

蛇口に浄水器は必要か?



個人的には蛇口に浄水器は必須と考えています。
味はもちろん美味しくなるのですが、ゴミをほぼ完全に除去してくれるので、精神的にも安心です。
蛇口を分解するとわかるのですが、蛇口の中はけっこう汚いです。
10年も使っていると、パッキンが劣化して真っ黒になっていたり、
そのパッキンがボロボロになって出てきたりします。
そんな時に浄水器が無かったら?と思うと・・

また、配管からは鉄錆が出てきて、
工事なんかされたら泥や砂が。
味ばかりに注目されている浄水器ですが、
普通のゴミの除去も注目するべきと思います。

どのタイプの浄水器がおすすめか?



まず、タイプ別にメリット、デメリットを書いていきます。

1、蛇口の先端に取り付けるタイプ

メリットとしては、安いことです。
スーパーやホームセンターでも売っており、価格競争により浄水カートリッジも1本1000円しないくらいで売っている時もあります。
おおよそ1本で3ヶ月使えるため、かなり経済的です。
除去機能もピンキリあり、自分にあった性能を求めることができます。

デメリットとしては、蛇口の先端にねじがあるタイプしか取り付けられないことです。
具体的に言えば、ハンドシャワー水栓と呼ばれる、シャワーが引き出せて使用できる蛇口には取り付けができません。
あと、蛇口の先端に付けるので、見た目が悪いのと、邪魔になったりします。
気になる人は気になると思います。

2、蛇口内蔵型浄水器のタイプ

主にシングルレバー混合水栓などで、蛇口の中に浄水カートリッジを付けるタイプです。
メリットとしては、浄水器が邪魔にならないことです。
ちょっとシャワーヘッドが大きい感じになりますが、見た目は気になりません。
あとハンドシャワー水栓であることが多く、「ハンドシャワー水栓は絶対にほしい。浄水器もほしい」という人にはおすすめです。

デメリットとしては、浄水カートリッジがメーカーから買う必要があるので、高いことです。
基本、割引などあまりありません。
ホームセンターなどにも売っていません。
維持費はやや高いでしょう。

浄水器専用蛇口を設置するタイプ

これは、台所に蛇口が二つあるタイプです。
一つは普通の蛇口、もう一つは浄水しか出ない蛇口。
浄水器水栓と言ったりします。

メリットは高機能ということです。
これは種類はいろいろあるのですが、
浄水器専用だけあって、機能や外観はいろいろ選べます。
浄水カートリッジも大きいものが多く、1年間使えるタイプが主流です。
これもピンキリですが、除去性能も高いものを買えば抜群に良いものが手に入ります。

デメリットとしては、新築など台所を設置する時くらいしか浄水器専用水栓は設置できないということです。
後から取り付けできないことはないですが、工事が必要です。
浄水器専用水栓代も最初だけですがかかり、浄水カートリッジもメーカーから購入しなければならないので、高いです。
また、浄水器の交換も自分でできない場合もあります。
浄水器にこだわる人は専用水栓しかないですが、その分高いことは覚悟しましょう。


以上、浄水器の種類とメリット、デメリットの解説でした。
あと、アルカリイオン水とか、逆浸透膜タイプなど、いろいろあります。
よほどこだわる人でなければ、普通の浄水器で良いでしょう。




蛇口の浄水器の種類とメリット、デメリットを解説

台所の蛇口に浄水器を付ける家庭が増えてきました。
蛇口の先端に付けるものから、
専用の蛇口を付けるもの、蛇口に内蔵してあるものなど、いろいろありますね。
今回はその蛇口の浄水器についてメリット、デメリットなどを解説していきます。

蛇口に浄水器は必要か?



個人的には蛇口に浄水器は必須と考えています。
味はもちろん美味しくなるのですが、ゴミをほぼ完全に除去してくれるので、精神的にも安心です。
蛇口を分解するとわかるのですが、蛇口の中はけっこう汚いです。
10年も使っていると、パッキンが劣化して真っ黒になっていたり、
そのパッキンがボロボロになって出てきたりします。
そんな時に浄水器が無かったら?と思うと・・

また、配管からは鉄錆が出てきて、
工事なんかされたら泥や砂が。
味ばかりに注目されている浄水器ですが、
普通のゴミの除去も注目するべきと思います。

どのタイプの浄水器がおすすめか?



まず、タイプ別にメリット、デメリットを書いていきます。

1、蛇口の先端に取り付けるタイプ

メリットとしては、安いことです。
スーパーやホームセンターでも売っており、価格競争により浄水カートリッジも1本1000円しないくらいで売っている時もあります。
おおよそ1本で3ヶ月使えるため、かなり経済的です。
除去機能もピンキリあり、自分にあった性能を求めることができます。

デメリットとしては、蛇口の先端にねじがあるタイプしか取り付けられないことです。
具体的に言えば、ハンドシャワー水栓と呼ばれる、シャワーが引き出せて使用できる蛇口には取り付けができません。
あと、蛇口の先端に付けるので、見た目が悪いのと、邪魔になったりします。
気になる人は気になると思います。

2、蛇口内蔵型浄水器のタイプ

主にシングルレバー混合水栓などで、蛇口の中に浄水カートリッジを付けるタイプです。
メリットとしては、浄水器が邪魔にならないことです。
ちょっとシャワーヘッドが大きい感じになりますが、見た目は気になりません。
あとハンドシャワー水栓であることが多く、「ハンドシャワー水栓は絶対にほしい。浄水器もほしい」という人にはおすすめです。

デメリットとしては、浄水カートリッジがメーカーから買う必要があるので、高いことです。
基本、割引などあまりありません。
ホームセンターなどにも売っていません。
維持費はやや高いでしょう。

浄水器専用蛇口を設置するタイプ

これは、台所に蛇口が二つあるタイプです。
一つは普通の蛇口、もう一つは浄水しか出ない蛇口。
浄水器水栓と言ったりします。

メリットは高機能ということです。
これは種類はいろいろあるのですが、
浄水器専用だけあって、機能や外観はいろいろ選べます。
浄水カートリッジも大きいものが多く、1年間使えるタイプが主流です。
これもピンキリですが、除去性能も高いものを買えば抜群に良いものが手に入ります。

デメリットとしては、新築など台所を設置する時くらいしか浄水器専用水栓は設置できないということです。
後から取り付けできないことはないですが、工事が必要です。
浄水器専用水栓代も最初だけですがかかり、浄水カートリッジもメーカーから購入しなければならないので、高いです。
また、浄水器の交換も自分でできない場合もあります。
浄水器にこだわる人は専用水栓しかないですが、その分高いことは覚悟しましょう。


以上、浄水器の種類とメリット、デメリットの解説でした。
あと、アルカリイオン水とか、逆浸透膜タイプなど、いろいろあります。
よほどこだわる人でなければ、普通の浄水器で良いでしょう。




スポンサード リンク



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。