蛇口の修理の前に

蛇口はあまり詳しくない人が多いため、ちょっと違和感があると故障と判断して
修理依頼をしてしまいます。そんなよくある勘違い例を紹介、解説しています。
自分で修理する方法も書いています。

TOTOのエアインシャワーのエコについてと、プロから見た感想。

最近の蛇口のエコ仕様化について解説するシリーズ。
今回も同じくTOTOの「エアインシャワー」のエコについて解説していきます。

TOTOのエアインシャワー

シャワーというのは、シャワーヘッドのことです。
よって、エアインシャワーというのは、エアインシャワーヘッドのことで、
蛇口本体のことではありません。
シャワーヘッド単体でエコになる商品です。

どこがエコなのか?について言うと、
シャワーの水の中に空気を混ぜることで水で勢いを強くしています。
よって、少ない水でも勢いが強いので、
必然的にシャワーの水を少なくして使用ができ、エコになるものです。

実際に使ってみたところ、
確かに少ない流量でかなり勢いがあります。
しかし肌への当たり方はソフトで、かなり太い感じがします。
よって、「あの、刺激的なシャワーの感覚が良いんだ!」という人には向かないシャワーです。
頭皮の刺激を期待する人は物足りない感じです。
(実際の刺激力は強いのかもしれませんが)

水が少ないと言っても半分以下にはなっていませんので、過剰な期待は禁物です。
髪の毛を洗い流すのは、実際と同じくらいの時間で洗い流せます。

蛇口のエコなシャワーとしては、クリックシャワー以来の画期的なシャワーです。
でも節水効果としてはクリックシャワーの方があるかもしれません。
今後はクリック機能付きのエアインシャワーを期待したいものです。

個人的に、人におすすめするとしては、まずはクリック式のシャワーヘッドです。
あれは本当に便利で、使ったことが無ければ是非一度使ってほしい名品です。
ただ、最近はタッチ式水栓など、蛇口自体がボタン式のものがありますので、
そのものについては、エアインシャワーをおすすめしています。
よって、エアインシャワーのクリック式を強く要望したいものです。

エアインシャワーのデメリットとして、「持つところが太い」というものがあります。
これは機能上仕方がなかったのでしょうか?
子供(幼児)は使いにくいみたいで、「前のがいい」と言われてしまいました。
また、持ちにくさと他に、「重い」というデメリットもあります。
エアインシャワーに限りませんが、大きいシャワーヘッドは持っていて疲れます。
慣れるとなんともないですが、
久々に普通の細いシャワーヘッドを使うと、
扱い易さにびっくりします。

まとめとして、
エアインシャワーはエコには効果ありと判断します。
ただ、子供には不評かもというところと、
またクリック式ではないので、出し止めの時間でエコの効果が薄れます。

あまりこだわる人もいないと思いますが、
様々なシャワーヘッドを使った者としては、肌への当たりが太い感じがするので、「違い」が気になります。
細いさらさらとした当たりが良ければTOTOのワンダービートシャワーが良かったです。
逆に強い刺激が良いのであれば、普通の細い、あの一番安いシャワーヘッドが良いです。
一点集中的にシャワーが出ます。


以上、TOTOエアインシャワーの蛇口のプロから見た感想でした。
絶対におすすめする名品ではないですが、
うまく使えば大きな節水になります。
節水指向なお客様にはおすすめしたいシャワーヘッドです。




TOTOのエアインシャワーのエコについてと、プロから見た感想。

最近の蛇口のエコ仕様化について解説するシリーズ。
今回も同じくTOTOの「エアインシャワー」のエコについて解説していきます。

TOTOのエアインシャワー

シャワーというのは、シャワーヘッドのことです。
よって、エアインシャワーというのは、エアインシャワーヘッドのことで、
蛇口本体のことではありません。
シャワーヘッド単体でエコになる商品です。

どこがエコなのか?について言うと、
シャワーの水の中に空気を混ぜることで水で勢いを強くしています。
よって、少ない水でも勢いが強いので、
必然的にシャワーの水を少なくして使用ができ、エコになるものです。

実際に使ってみたところ、
確かに少ない流量でかなり勢いがあります。
しかし肌への当たり方はソフトで、かなり太い感じがします。
よって、「あの、刺激的なシャワーの感覚が良いんだ!」という人には向かないシャワーです。
頭皮の刺激を期待する人は物足りない感じです。
(実際の刺激力は強いのかもしれませんが)

水が少ないと言っても半分以下にはなっていませんので、過剰な期待は禁物です。
髪の毛を洗い流すのは、実際と同じくらいの時間で洗い流せます。

蛇口のエコなシャワーとしては、クリックシャワー以来の画期的なシャワーです。
でも節水効果としてはクリックシャワーの方があるかもしれません。
今後はクリック機能付きのエアインシャワーを期待したいものです。

個人的に、人におすすめするとしては、まずはクリック式のシャワーヘッドです。
あれは本当に便利で、使ったことが無ければ是非一度使ってほしい名品です。
ただ、最近はタッチ式水栓など、蛇口自体がボタン式のものがありますので、
そのものについては、エアインシャワーをおすすめしています。
よって、エアインシャワーのクリック式を強く要望したいものです。

エアインシャワーのデメリットとして、「持つところが太い」というものがあります。
これは機能上仕方がなかったのでしょうか?
子供(幼児)は使いにくいみたいで、「前のがいい」と言われてしまいました。
また、持ちにくさと他に、「重い」というデメリットもあります。
エアインシャワーに限りませんが、大きいシャワーヘッドは持っていて疲れます。
慣れるとなんともないですが、
久々に普通の細いシャワーヘッドを使うと、
扱い易さにびっくりします。

まとめとして、
エアインシャワーはエコには効果ありと判断します。
ただ、子供には不評かもというところと、
またクリック式ではないので、出し止めの時間でエコの効果が薄れます。

あまりこだわる人もいないと思いますが、
様々なシャワーヘッドを使った者としては、肌への当たりが太い感じがするので、「違い」が気になります。
細いさらさらとした当たりが良ければTOTOのワンダービートシャワーが良かったです。
逆に強い刺激が良いのであれば、普通の細い、あの一番安いシャワーヘッドが良いです。
一点集中的にシャワーが出ます。


以上、TOTOエアインシャワーの蛇口のプロから見た感想でした。
絶対におすすめする名品ではないですが、
うまく使えば大きな節水になります。
節水指向なお客様にはおすすめしたいシャワーヘッドです。




スポンサード リンク



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。