蛇口の修理の前に

蛇口はあまり詳しくない人が多いため、ちょっと違和感があると故障と判断して
修理依頼をしてしまいます。そんなよくある勘違い例を紹介、解説しています。
自分で修理する方法も書いています。

TOTOのエコシングルのエコ具合と、プロから見た感想

最近、蛇口は「エコ」を売りにしてきました。
今までも「節水」を売りにした蛇口やシャワーがありましたが、
最近はよりいっそう力を入れている感じがします。
おそらく、エコポイントなどの影響が効いているのではないかと思います。

そんな蛇口のエコ事情について、簡単にどんな状況なのかをお伝えします。
今回は、TOTOの「エコシングル水栓」について、
プロとして見た感想、評判などを書いていきます。

TOTOエコシングル水栓



TOTOでシングルレバー混合水栓としてはめずらしいエコを売りにしたものが出ました。
その名も「エコシングル水栓」。
なにがどうエコなのか?というと、
今までのシングルレバー混合水栓は、左右の両端が水のみ、湯のみ、というものでした。
レバーを一番右端にすると、給湯器を通らない水のみが出る仕様です。
よって、レバーを真ん中にすると、給湯器を通る水が出て、お湯を無駄遣いしていました。

これが、エコシングル水栓は「右端から真ん中までが給湯器を通らない水が出る」という仕様になっています。
よって、レバーが右端から真ん中ならば、どこでもいっしょというものです。

簡単に言うと、
今までのシングル水栓は右端以外で使用すると、
必ず給湯器が着火してしまうので、
水しか必要ない時にちょっとでもレバーが左にずれるとお湯が出てしまい、
そのお湯が無駄になるものでした。
それが、エコシングル水栓では、
レバーが真ん中から左に越えない限り、
給湯器が着火しない、というものです。

わかる人はちゃんと右端にして使っていると思いますので、
その人はエコシングル水栓を使っても、何もエコにはなりません。
そんなことを知らず、ただ真ん中で使っていたという人は、エコになります。

いや、本当にただそれだけのもので、
別にエコシングル水栓を買わなくても、使い方さえ教えればエコになります。
よって説明はちょっとしにくいものがあります。
お湯を使う時だけ給湯器の電源を入れるという人も普通にいますし、
「それ、どこがエコなの?」と指摘されることがあります。

また、今までのシングル水栓は混合の幅が広かったので、
温度調節がしやすく、ちょうど真ん中くらいが心地よいお湯で使いやすかったという人もいます。
エコシングル水栓は真水のみ出すには使いやすいですが、お湯をメインに使う人には使いにくいかもしれません。
もう一工夫してほしいものです。

まだエコシングル水栓は各社から出てくると思いますので、
今後はもっと使いやすいものが出てくるでしょう。


ちょっと否定的な感想でしたが、良いとは思っています。
実際、家の普通のシングルレバー混合水栓を使うと、
レバーを右端にして出し止めしていたつもりが、
知らぬ間に真ん中よりになっていることがあります。
シングルレバー混合水栓の難点として、
同じ位置で出し止めがしにくいというものがあります。
節約で冷たい水メインに使う私にとっては、
エコシングル水栓は使いやすそうです。
やはり、レバーは真正面で出し止めするのが一番ですし。

買うか買わないか、と言われると買います。
混合がしにくいと言いましたが、給湯器を40℃にすれば、左端いっぱいにすれば混合調節する必要はありません。
今までの普通のシングルレバー混合水栓となんら変わりありません。

人によって、買うべき、買わないべき、と分かれる蛇口です。
購入前に「自分にとって、本当にエコになるのか?使いやすくなるのか?」と確認するようにしましょう。


以上、TOTOのエコシングル水栓の蛇口のプロから見た感想でした。
今も蛇口が壊れたら、エコシングル水栓に取り替えるつもりです。




TOTOのエコシングルのエコ具合と、プロから見た感想

最近、蛇口は「エコ」を売りにしてきました。
今までも「節水」を売りにした蛇口やシャワーがありましたが、
最近はよりいっそう力を入れている感じがします。
おそらく、エコポイントなどの影響が効いているのではないかと思います。

そんな蛇口のエコ事情について、簡単にどんな状況なのかをお伝えします。
今回は、TOTOの「エコシングル水栓」について、
プロとして見た感想、評判などを書いていきます。

TOTOエコシングル水栓



TOTOでシングルレバー混合水栓としてはめずらしいエコを売りにしたものが出ました。
その名も「エコシングル水栓」。
なにがどうエコなのか?というと、
今までのシングルレバー混合水栓は、左右の両端が水のみ、湯のみ、というものでした。
レバーを一番右端にすると、給湯器を通らない水のみが出る仕様です。
よって、レバーを真ん中にすると、給湯器を通る水が出て、お湯を無駄遣いしていました。

これが、エコシングル水栓は「右端から真ん中までが給湯器を通らない水が出る」という仕様になっています。
よって、レバーが右端から真ん中ならば、どこでもいっしょというものです。

簡単に言うと、
今までのシングル水栓は右端以外で使用すると、
必ず給湯器が着火してしまうので、
水しか必要ない時にちょっとでもレバーが左にずれるとお湯が出てしまい、
そのお湯が無駄になるものでした。
それが、エコシングル水栓では、
レバーが真ん中から左に越えない限り、
給湯器が着火しない、というものです。

わかる人はちゃんと右端にして使っていると思いますので、
その人はエコシングル水栓を使っても、何もエコにはなりません。
そんなことを知らず、ただ真ん中で使っていたという人は、エコになります。

いや、本当にただそれだけのもので、
別にエコシングル水栓を買わなくても、使い方さえ教えればエコになります。
よって説明はちょっとしにくいものがあります。
お湯を使う時だけ給湯器の電源を入れるという人も普通にいますし、
「それ、どこがエコなの?」と指摘されることがあります。

また、今までのシングル水栓は混合の幅が広かったので、
温度調節がしやすく、ちょうど真ん中くらいが心地よいお湯で使いやすかったという人もいます。
エコシングル水栓は真水のみ出すには使いやすいですが、お湯をメインに使う人には使いにくいかもしれません。
もう一工夫してほしいものです。

まだエコシングル水栓は各社から出てくると思いますので、
今後はもっと使いやすいものが出てくるでしょう。


ちょっと否定的な感想でしたが、良いとは思っています。
実際、家の普通のシングルレバー混合水栓を使うと、
レバーを右端にして出し止めしていたつもりが、
知らぬ間に真ん中よりになっていることがあります。
シングルレバー混合水栓の難点として、
同じ位置で出し止めがしにくいというものがあります。
節約で冷たい水メインに使う私にとっては、
エコシングル水栓は使いやすそうです。
やはり、レバーは真正面で出し止めするのが一番ですし。

買うか買わないか、と言われると買います。
混合がしにくいと言いましたが、給湯器を40℃にすれば、左端いっぱいにすれば混合調節する必要はありません。
今までの普通のシングルレバー混合水栓となんら変わりありません。

人によって、買うべき、買わないべき、と分かれる蛇口です。
購入前に「自分にとって、本当にエコになるのか?使いやすくなるのか?」と確認するようにしましょう。


以上、TOTOのエコシングル水栓の蛇口のプロから見た感想でした。
今も蛇口が壊れたら、エコシングル水栓に取り替えるつもりです。




スポンサード リンク



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。