蛇口の修理の前に

蛇口はあまり詳しくない人が多いため、ちょっと違和感があると故障と判断して
修理依頼をしてしまいます。そんなよくある勘違い例を紹介、解説しています。
自分で修理する方法も書いています。

蛇口から出てくる水が白い、白く濁る

お風呂にお湯を蛇口で溜める、または足すと真っ白に。
これはいったい何で?と思う人が多いのではと思います。

白く濁る原因は、お湯に溶け込んでいる物質(二酸化炭素とか)が、空気になることで白くなります。
なぜ空気になるのか?ですが、すみません詳しいことはわかりません。

よって、故障でも汚い水でもなく、自然現象です。
白く濁るのを防ぐ方法もなく、我慢してもらうしかありません。
数分もすれば、透明に変わります。

よーく見ると、空気(泡)だということがわかります。
天然バブと思い、身体に良いかもと思いながら浸かるのが良いでしょう♪



スポンサード リンク


お風呂のシャワーホースが折れた、自分で交換する方法

シャワーホースが折れ曲がりやすくなり、折れると水が出なくなる。
そんな故障?があります。

故障とはいっても、何度も曲げれば折れ易くなるのは当たり前です。
折れやすいパターンとしては、お尻にシャワーをかける時、清掃で壁に水をかける時などがあります。
ホースの材質はビニールであることが多いので、材質上折れる癖がつきやすいです。

気になるようであれば、シャワーホースを交換しましょう。
どのメーカーも互換性を考慮してありますが、できれば同じメーカーのホースを購入することが好ましいです。
値段も易く、交換も簡単なので、修理を呼ばず自分で交換してみましょう。
交換方法はホースの箱やパッケージに書いてあることが多いです。

シャワーホースの交換方法



一応、交換方法を書きます。

1、シャワーヘッド根本を反時計回りに回し、シャワーヘッドを外す。

2、シャワーホース根本のナットを、反時計回りに回して、シャワーホースを外す。

3、購入したシャワーホースにパッキンが付いていれば、古いパッキンを捨て、新しいパッキンを取り付ける。

4、ホース、シャワーヘッドを取り付けて完了。


以上、簡単なのでシャワーホースは自分で交換してみましょう。

スポンサード リンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。