蛇口の修理の前に

蛇口はあまり詳しくない人が多いため、ちょっと違和感があると故障と判断して
修理依頼をしてしまいます。そんなよくある勘違い例を紹介、解説しています。
自分で修理する方法も書いています。

広告非表示用

広告除外のため投稿



スポンサード リンク


蛇口の部品を交換しても直らない原因

蛇口の修理で困ることがあります。
それは、「部品を交換しても直らない」ということです。
そうなると蛇口ごとの交換となるのですが、
お客様も急な出費になり、なかなか難しいものです。

今回は部品を交換しても「水が止まらない」という故障が直らない原因を書いていきます。

部品を交換しても直らない理由



直らない場合、蛇口本体側の故障であることが多いです。
単純な2ハンドル混合水栓で水が止まらない場合、
コマパッキンが当たるところに傷が入っていたり、荒れていたりします。
そうなるとパッキンでシートしても隙間ができるため、
水が止まらないものです。

蛇口は金属でできていることが多いので、
金属は壊れようがないと思いがちですが、
実際に修理してみると、結構ダメになっています。
水によって腐食しているようです。
パッキンの当たり面がよく腐食しているように思います。

よって、これが蛇口の寿命です。
いつもそう説明しています。


20年も使った蛇口は寿命を疑います。
よって、いきなり新品の部品を交換するのではなく、
手持ちの確認用の部品を取り付けて、直るかどうかを見ます。
これで直らなければ、蛇口の本体のパッキン当たり面を頑張って見て、傷などがないかを確認します。
すぐにわかることは少ないのですが、
交換しても直らないとなると、蛇口側の原因しかないので、買い換えになることを説明します。

「騙されてる?」と思うお客様もいると思うので、
ここは理由を説明しないとすぐに買い換えにはなりません。

・・ということで20年での故障は買い換えしてください。
すぐ壊れて修理代が余計にかかりますので、蛇口の買い換えをするのが安く付くと思います。

以上、蛇口の部品を交換しても直らない場合の原因でした。

スポンサード リンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。